2018年08月11日

蜂の巣

毎日バイクに乗っているが、ある日、ふと何気なく鍵を差し込もうとした時、「あれ」と思った。キーの差込口の近くのネジの穴のところに蜂が巣を作っていた。
DSC_0003.JPG

本当に蜂だろうか? 多分ツチバチというやつだと思うのだが、何だろう?

しかし、いつの間にこんなところに巣を? 
バイクを駐車している時間、数時間か、十数時間、それぐらいの間に巣を作ったものと思える。蜂は大変な労働をしてこんなものを作ったのに、巣に戻ったら「建築途中の家が消えた!」とショックを受けただろう。こちらとしてもちょっと申し訳ない気持ちになる。せめて建築前に、建築予定地を念入りに下見して欲しかった。この場所は”不動産”ではなく”動産”だったということを理解してくれていたなら・・・・。

蜂をオロカと見るか、人間をゴウマンと見るか。
99%の人は蜂をオロカとして見るのだろうが、一切の事象を平等と見る”天”の立場から見ればどうなのか。
ジゴクに落ちるのは、バイクに乗るゴウマンな人間の方なのかもしれない。
posted by 逍遥居士 at 18:48| Comment(0) | パワーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

ブラウン管テレビ

チェンマイの食の台所、タニン市場で見つけた。
DSC_0064.JPG
懐かしのブラウン管テレビ

DSC_0063.JPG
ここにも。

タイではまだ現役で使えるようだが日本では使えるのだろうか。今あらためてその姿を見るとズシリと重そうである。

世界中で作られ使われたブラウン管テレビ、何十億台、何百億台作られたか知らないが、この重い機器はどこへ捨てられて行ったのだろう。大量生産、大量消費、大量廃棄の社会システムの中で我々は生きているわけだが、その廃棄されたゴミの山を想像すると暗い気持ちになる。

ブラウン管テレビが消え、薄型テレビに移行したかといえばそうではなさそうである。大学生に聞くと「部屋にテレビがない」というのは普通である。じゃあ、何をしているのかといえばスマホである。彼らは一日中スマホの小さい窓を眺めて暮らしている。このタニン市場というローカルな市場でもノーキャッシュ化は進み、QRコードをスマホでかざせばキャッシュのやり取りをせずして買い物ができる店が増えている。現金もオワコンになりつつある。

じゃあ、スマホの天下かというと、10年もすればその形態は変わり、多分、眼鏡化したものになるといわれている。目線と意思で操作するので、もう手に持ち指で操作する必要がなくなり、スマホを持っている人を「時代遅れ」と嘲笑する世となるであろう。

時代は進歩していく。
よかった、よかった、と手放しによろこでいていいのだろうか。
安全、便利、快適、享楽はさらに進んでいくだろうが、権力に監視され、管理されるのは間違いない。管理されるどころか、一昔前の「ポケモンGO」で起こった狂乱のように、大衆がコントロールもされるだろう。

権力に管理され、コントロールされる。そこまで言っても、
「それでいいよ」
「それがいいよ」
「それでなくっちゃ」
と、従順で善良な”飼い慣らされたペット”型の人は言い、また、そういう人が増えている。

残念ながら話は通じない。

確かに、歴史的に見て、今の時代はいい時代であることは間違いない。しかし、空間的に時間的に、部分的に切り取っていい時代といっているだけで、人類という長い時間の中でこのような社会をかんがみると、とても永続性があるとは思えない。アメリカの富豪は火星に移住する計画を立てていると聞く。勝手に行ってくれと思う。自分は死んだら土になりたい。土になってその栄養が植物に伝わり、きれいな花が咲いたら嬉しい。自然は循環する。だから偉大だ。作って使って捨ててお終い。それでは虚しさしか感じない。ブラウン管テレビは死んでも死にきれない。

posted by 逍遥居士 at 20:58| Comment(0) | パワーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

火事場の馬鹿力

タイでの生活で特に気をつけなければならないことは、「交通事故」と「野良犬」。交通事故は言うに及ばず、市民はマナーが悪く、ルールを守らないので大変危険である。そして、野良犬。タイの犬は狂犬病を持っていると言われている。咬まれたら速攻で病院へ行き、何度も注射を打たなければいけなくなる。狂犬病の致死率は100%、油断はできない。

タイの犬は昼間はゴロリと怠惰に寝転んでいて弱々しく見えるが、夜間や早朝に出くわすと、性格が変わったように獰猛に吠え立て威嚇してくる。散歩する際は、犬がいないところを選んで歩かなくてはいけない。

つい先日、夜間に出かけて歩いている途中、帰宅直前の路地で犬に出くわした。犬は「よそ者」と「現地人」を敏感に見分け、「よそ者」には凶暴になる。だから、いかにも現地人であるかのように装い、犬に過剰な意識を向けず、淡々と犬の前を横切ろうとした。だが、犬は何か胡乱な空気を感じ取ったのか、「ウー」と吠えてきた。そこで取り乱してはいけない。取り乱すと犬にその感情が伝染し余計に興奮するので、なにごともないが如く、知らんぷりして足早に歩き去ろうとした。犬から3m、4mと離れていくと「やれやれ」と一安心、だが不思議とまだ何か嫌な殺気を背後から感じる。「気のせいか・・・」と思ったとき、左手に犬の鼻先がコツンと当たった。

 
「ウワッ!」
たまげた。犬は背後からつけて来ていて、手の臭いを嗅いでいたのだ。しかし、「ウワッ」という小生の叫声に逆に犬はビックリしたようで、驚いたような表情をして逃げていった。

危なかった。
臭いが「よそ者」と判断されたら、ガブっといかれていたかもしれない。

それから数日後。
夕暮れ時歩いていたとき、またその犬がいるであろう路地を通らねばならなかった。今回は両手に飲料水を持っている。「いるなよ、いるなよ」と念じて歩いたが、またいた。十数m先に現地の人が歩き吠えなかったので「チャンス」と思い同じように足早に歩いたが、やはり吠えてきた。「近づいてくるなよ、近づいてくるなよ」と念じて歩いたが、念は通じず、「ウー」と背後から吠えながら近づいてきた。

逃げるべきか、戦うべきか――

背中を見せると動物は調子づいて襲ってくるから逃げるのは危険と判断し、パッと犬に振り返った。その瞬間、ビックリ、犬は高さ2m以上はあると思われる塀に飛び上がり、壁の上辺に前足を引っ掛けてよじ登り、壁向こうの民家へ逃げていった。

こんな高さを越えられるのか!
DSC_0061.JPG
犬はよほど小心だったのか。

「火事場の馬鹿力」というが、それは人間に限ったことではなく、時と場合において動物でもすさまじい力を発揮するらしい。こんなナマケ犬でさえ馬鹿力を隠し持っているとは。

ならば人間は?

自分にもそのような力が眠っているのかもしれないが、それは理性が吹っ飛んだ危機的状況でのみ発揮されるのであろうから、普段の生活では検証不可能である。検証が不可能な以上、「火事場の馬鹿力」はあるのか、ないのかよくわからない。

信じるか信じないかは、あなた次第です。


posted by 逍遥居士 at 19:03| Comment(0) | パワーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

2018年度 サイシンス発見

今年も早5月になった。
『SINCE GO』をささやかに続けているが、チェンマイの町中でなかなか蒐集が難しくなってきた。そんなとき、散髪屋のガラスに目をやると、とうとう発見。

今年の初物『サイシンス』!

DSC_2018(1).JPG
席が二席しかない小さい散髪屋だが、インテリアに凝っている店だ。値段設定は非常に強気(高い)で、個人的には決して行くことはないだろう。2018年からいつまでつづくことか。

【SINCE番外編】

サイコシンス(最古SINCE)か!?
DSC_999.JPG
が、そんなわけはない。999年、日本なら平安時代にこんな店があるわけない。『1999』の1が取れたまま修繕されていないので、『平安時代SNCE』になってしまっている。『サイコシンス』というより、いま官庁で流行りの『偽証SINCE』と命名しようか、それとも修繕するのを放ったらかしにしているので『怠慢SINCE』としたほうがいいか。

ス抜けSINCE
DSC_2016(6).JPG
SINCEのCEが抜けている。スが無いと、発音的にしまらない感じがする。印刷する前に誤字を確かめてほしい。

未来SINCE?!
DSC_2539(1996).JPG
これはタイ文字で書かれているSINCEなので、SINCEコレクターも見落としてしまいそうなレアなシンス。タイ文字をアラビア数字に訳すと、2539年となる。ここでも「ん?」となる。これでは未来ではないかと。しかし、この数字は西暦ではなく仏暦である。仏暦とはお釈迦様が生誕されてからの年月。仏暦で今年は2561年。この年数も諸説いろいろあってこの数字が正しいと断定できないが、上座部仏教圏ではこの歴が用いられている。よって2539でも『未来SINCE』ではなく、正しくは『仏暦SINCE』。

posted by 逍遥居士 at 18:40| Comment(0) | パワーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

引っ越した

引っ越しを決意した。
ベランダからゴルフ場が望めるアパートに越してきて9ヶ月、とにかく出たいと気持ちが逸る。

何が問題なのか。
隣の部屋がうるさい、ベッドが臭い、蚊がどこからか入ってくるなど、ひとつひとつの問題を解決し、居心地のいい空間にしようと努力、改善してきたが、それでもなぜだか心から落ち着けない。何でだろう? 理由はわからないが、ともかくもう出ようと決意した。

管理人に告げると、「今日は6日、引っ越すなら5日以内に告げないといけないと契約書に書いてあります。今月引っ越すとなると、契約違反で保証金はもどってきませんよ」「1日言い遅れただけじゃないですか?」「契約ですから・・・」と、ビジネスマインドのコスいことを言ってくる。ということで、あと2ヶ月我慢し、ようやく昨日引っ越した。こういうガメつい管理体制だから目に見えないストレスがかかっていたのかもしれない。

引っ越しは去年引っ越しを頼んだソンティオの親父。知人から紹介された人である。若くないのでパワー不足の感があるし、ソンティオの車もオンボロいが、悪いことをしなさそうな人柄を買って今回もお願いした。

荷物を、「衣服類」「食器類」「食品」「電化製品」「雑貨」「大物」とカテゴリおきに整理し、ダンボールやカゴ、袋などに詰める。こうすれば荷解きしたときにどこに何があるか明確にわかる。去年は2,3度の引っ越しを強いられたので、引っ越しのコツをそれなり会得した。
 
部屋は4階にある。部屋からエレベーター横に荷物を運び、エレベーターで下ろし、車の近くまで持っていく。荷物がまとまっているので作業はスイスイ進む。運転手に次のアパートの場所を告げ、念のためバイクで先導して次のアパートへ。次のアパートの部屋は3階、今回はエレベーターがないので荷物を持ち運ばねばならない。なかなかの苦行である。

全て運び終えた。ソンティオの親父と共同作業して1時間ほどで引っ越し完了。引っ越し運搬料金を600バーツ払った。去年は500バーツ払ったが、そのときソンティオの親父は一言も料金のことは口にせず、お金を受け取っても満足に金額を確認せず、ニコニコして「コーブクン・カップ」と言った。その態度というか、潔さというか、相手を信じている高潔さというか、それらもろもろを覚えていたので、今回は前回よりも多めに払ってあげた。1時間で600ならまあまあおいしい仕事だろう。今回もソンティオの親父は金額をほとんど確認をせず、ニコニコして「また引っ越すことになったら連絡して」と言って、黒鉛の排気ガスの上がるボロいソンティオで去っていった。

「さて・・・・」、荷物が積み上がった部屋で考えた。「どこから片付けていこうか」。持ってきたプラスチック椅子に座りながらしばらく休んでいると、ハッと気がついた。今までこんな椅子に座っていたっけ? 違う、これは使っていなかった椅子、普段はキャスター付きのもっと高価な椅子に座っている。それを運んだ記憶がない。どうやら忘れてきた。ソンティオの親父はもうどこか遠くに行ってしまっているだろうから連絡するのは悪いし。

仕事が増えた。

バイクにまたがり、以前のアパートへ引き返し、部屋を確認したら、椅子が堂々たる存在感で部屋にあった。なぜ、こんな大物を忘れてきたのか。雑巾の1枚、メモ帳の紙まで忘れずに運んだのに、こんな大事なものを忘れるとは。部屋を出る最後に念入りに確認したはずなのに。バイクで運ぶのは困難に思えたが、椅子を逆さにしてヒモでくくりつけたら、安定した形になったのでバイクで運んだ。

やれやれ。

人間は小さなことには目がいくのに、大きなことを見失うという大事なことを思い起こさせてくれた。そうなのだ、大きなものをほど盲目的になってしまうのだ。どこかの国の政治を見てもしかり、改竄、虚偽答弁、隠蔽、捏造、なんでもありである。それが芸能人の素行のことになると、マスコミに袋叩きである。警察、検察は雑魚釣りしかするつもりがないらしい。大きな問題になると国のシステムが動かなくなってしまう。

小生の精神は椅子の存在に気づき取り戻したが、国は公正と倫理を取り戻すことができるのだろうか。


posted by 逍遥居士 at 17:23| Comment(0) | 徒然なるエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

蚊の逆襲

あったかい国は寒い国より断然過ごしやすいが、その暖かさ故に発生する困ったこともある。
困ったこと――、それは蚊である。

どこから入ってくるのか、寝支度をして電気を消してベッドにゴロンと横になると、モゾモゾと足先が痒くなってくる。しばらくすると耳元でプ〜ン羽音を立ててその存在を主張する。仕方なくまた起きて蚊取り線香に火をつけ、煙に燻されながら寝なければならなくなる。

毎晩、煙に燻されて大丈夫なんだろうか・・・・。

日本ではいままでタバコを長年放置してきたくせに、急に厳格に規制しだし、「副流煙の害」だとかもっともらしいことを言って家の中はもとより外ですらも吸わせないようにしているが、毎晩蚊取り線香の煙を吸って寝ている人の健康被害はどうなんだろう。肺を汚す原因をタバコだけに押し付けるのはいかがなものか。

昔々のその昔、若き頃インドを放浪していたことがあったが、インドはタイ以上に蚊が多かった。あるゲストハウスですさまじい蚊の大群に辟易し、タイで買ってきた蚊取り線香を焚いたところ、目を見張る効き目があった。蚊がポタリポタリと音を立てておもしろいように落ちてきた。白いベッドシーツの上に落ちてきた蚊を整然と並べていると、2百匹を超える数になった。それを見て感じ入ったのは「タイの蚊取り線香は強力だな」ということ。インドの蚊取り線香は景気よく煙をモウモウとあげるが殺傷力は低く、蚊は壁に張り付いたままその活動を休止するだけであった。それに比べ、タイの蚊取り線香はスゴイと高評価を得た。

が、現在では、部屋で蚊取り線香を焚いてもポタリポタリと空中から落とすほどの力はなく、火が消えたらまた蚊は活動を始める。蚊の耐性が強くなったのか、蚊取り線香の質が悪くなったのか、何なんだろう。

「蚊の耐性」と書いて思い出したのは、この前、Youtube動画でゴミムシダマシという虫の動画を見て驚かされた。このゴミムシダマシ君、只者ではない。なんとプラスチックを食べてそれをタンパク質に変える力を持ったらしい。発泡スチロールを食べて元気よく、さらには卵まで生み出した映像だった。生物の天下はニンゲンではなくこれからはこのゴミムシダマシになるかもしれない・・・・。

話が逸れたが、虫というのはなんともたくましく、ヤラれたらそれ以上のパワーを持って世代交代してくる。それを考えると、蚊取り線香も効かなくなって当然である。そういえば、蚊の飛び方もバージョンアップしているような気がする。なぜなら最近蚊が潰せない。昔は両掌を打ち合わせて簡単に潰せていたが、いまは圧倒的にスピートが増し、飛び方も巧妙になり、いくらすばやく叩いても逃げられっぱなしである。小生が老化して反射神経が鈍くなっただけかもしれないが・・・。

蚊取り線香以外に蚊を退治する特効薬はないものかと、ネットで検索していると、今はいろいろ素晴らしいものがあるようだ。シュッと一吹きすれば24時間蚊を寄せつけないと効果を謳う商品も出ている。素晴らしい商品を開発したものだと感心ばかりしてられない。シュッと一吹きで蚊を寄せ付けないそんなすごいもの、人体にとって大丈夫なのだろうか。要するに部屋の中に農薬を撒くようなものであろう。かりに人体にとって問題はなくとも、また10年もすればそれに耐性を持った『スーパー蚊』が走り飛ぶようになるのは必然だし。

世の中に万能なものはない。

タイに住む以上、これからも蚊との戦いは終わりそうにない。しかし、網戸の隙間も念入りにテープで塞いでいるのに、いったいどこから蚊が入ってくるのだろうか。壁を通過するエスパー蚊がいるのだろうか。

posted by 逍遥居士 at 18:55| Comment(0) | パワーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

パソコントラブル

ご飯を食べながらパソコンを開くのが日課である。
ある日のこと、いつものようにパソコンを開いてデスクトップ画面を見て「おや?」となった。

いつもと違う・・・・。

壁紙の背景が違う。よく見るとアイコンも減っている。さらによく見るとファイルが喪失している。インターネットにつなごうとすると、いつも使うグーグルクーロムのアイコンもない。

――フリーズ
パソコンではなく使用者のニンゲンがフリーズした。

「どうなっているんだ・・・・」

冷静さを取り戻すために食事を続けようと、ご飯をかきこんだが味がしない。動揺しているようである。

が、考えてみればどってことないはずである。
もし、かりに、最悪を想定し、ウイルスでパソコンのデーターがそっくり喪失したとしても、もう一台のパソコンにデーターが入っている。もっと最悪を想定し、そのパソコンが使えなくなったとしても、グーグルドライブにもデーターが保存してある。恐るるに足らず、である。が、ご飯の味がしない。精神の弱さ、胆力のなさが露呈した。情けない。

ご飯を食べ終え、
「さて・・・」
考えた。
どうすべきか。

取り敢えず、インターネットにつなごう。グーグルクーロムはトップ画面から消えていても、他のところで見つけ出しそこからネットに入った。設定も変わってしまい、日本語設定から英語バージョンになっていて使いにくいがそこは我慢。ググって見るとヤフー知恵袋に自分とよく似た相談があったのでそれを参考に対処を試みる。

まずはリスタート。
――直らない。
この単純動作で直ってくれればありがたいがダメだった。

ヤフー知恵袋に答える賢者は、細かく対処を書いていてくださるので、それに従い、プログラム地下の「ディープワールド」に潜入していった。その道の専門家からしてみばそんなもの「ディープワールド」でもなんでもなく、散歩程度の街歩きかもしれないが、慣れない者にしてみればどこに連れて行かれるのかわからない恐ろしい闇の世界である。

パソコンをリスタートしF8ボタンを連打すると初期化画面が出る。それから、云々カンヌンして、とある扉を開いて、とある部屋に入っていき、「システム復元」というのをした。なぜそうするのかよくわからないし、説明を読んでも理解出来ないがそうすると直るらしい。いや、直る確率があるらしい。

パソコンはしばらくの停滞後、いつもの画面に復活した。直った!
「ホッ」と一息。

今回はプログラムのバグ程度の問題だったようだが、もっと大事件に遭遇、コンピュータのプロ集団のハッカーにかかっていたらどうなっていたか。小生のようなプログラムになんら知識のないマヌケなユーザーは、簡単に乗っ取られていただろう。デジタルは便利ではあるが、専門家外の使用者は、無抵抗のままゴッソリやられそうな危険な空気を感じる。

が、しかし、小生のようなビンボー人のパソコンに侵入しても、クレジットカードも株の売買も何もしないので、取り立てて盗られるものもないのが幸いというか、強みというか、情けなさというか・・・・。

普段はコンピュータによって便利さを享受しているが、メンドーが起きると一転、その複雑さ故に恐ろしく不便をこうむり、両手足を縛られムチを打たれる。何かを得れば何かを失う。世界とはそういうものなのだろう。

posted by 逍遥居士 at 18:50| Comment(0) | パワーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする